電報だけでは物足りない、結婚祝いギフト

大切な友人や同僚の結婚式。
しかしどんなにスケジュールを調整していたとしても自身の入院や出産など、どうしても出席できないこともあるものです。
祝電や花を送るのも定番で良いのですが、別のお祝いギフトを添えてみてはいかがでしょうか。
シャンパングラスやワインボトルに直接お祝いメッセージを刻んでくれるギフトがあります。
ネットオーダーが可能で、期間は一週間ほど時間がかかりますが、二人の名前と簡単なメッセージや日付が刻印可能です。
私個人も利用したのですが、会場に直接届けてくれたので楽でしたし、新郎新婦にも大変好評でした。
もうひとつ、プロの画家が新郎新婦プラス送り主である自分の似顔絵を描いたボードを送るものもあります。
構図は様々ですが、面白かったのは、本当に入院しているのでしょう、ベッドの上で幸せそうな二人を想像してにやけている包帯だらけの送り主という絵柄のものがありました。
これなら他の出席者への言い訳も省略できますし、不幸も笑いにでき、何よりカドが立たないほほえましささえ感じるギフトです。
後日話の種にもなりますし、命に関わらないけがや病気での入院の場合はオススメです。
最近大きなダンボールで送られてくるヘリウムで浮かぶタイプのバルーンオブジェは、かなり派手でインパクトがあり、女性に人気です。
バルーンといってもゴムではなくフィルムバルーンの場合割れにくく、携帯ボンベ型の追加ヘリウムガスで二次会を超えて一週間は良い状態を保ってくれます。
バルーンもまた直接会場に送ることができますし、フラワーアレンジメントと同じ感覚で離島でもない限り2〜3日前のオーダーで全国ほぼ間に合います。
これらのギフトに、DVDでメッセージを加えることもできますが、もし披露宴に共通の友人も出席していたら、会場と新郎新婦に相談して余興の時間にスカイプ中継を入れるのも楽しいかもしれません。
以前、私が経験したのは、土日が稼ぎ時のショップやヘアサロンとスカイプ中継して、仕事中の同僚が会場のスクリーンに映し出されるという演出がありました。
Copyright (C)2016 幸せの節目として!気持ちを贈りたいお祝いギフト All Rights Reserved.